読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメン横丁があるスキー場があるらしい。遊び方も大進化

スキー場の食事といえば、おいしくないのにとても高いラーメンやカレー、少しましなものでもレトルトっぽいビーフシチューなどが定番のイメージだった。

でも、最近はそうでもないらしい。

 

カンブリア宮殿でやってた。なんでもスキー場が大進化しているとのこと。

 

スキー場ってバブル世代のイメージで、画一的な娯楽って感触がある。だから、価値観が多様化した現代ではうけない。

でも最近は違うらしい、2度目。

 

スキー、スノボにとどまらず、ショートスキー(前からあった気もするが・・・)、スノーモービルでラフティングみたいなのを引っ張るやつと様々。氷壁を上るアイスロッククライミングなんてものもあるらしい。

 

夜にはイルミネーションのライトアップまである。

でも夜間営業に、スタッフは当初大ブーイング。副支配人が従業員を必死に説得。

見事に夜間営業を成功させ、経営的に大きく前進したようだ。

 

食事も大進化。

先の書いたようにラーメン、カレーだけじゃない。

これ目当てで来店する客もいるようなおいしいピザを出しているらしい。

さらにびっくりなのはラーメン横丁があるスキー場もあるのだとか。

 

こうゆうサービスって常に高稼働な客入りが必要だから、客が増える、サービスが良くなる、さらに客が増えるの好循環。

商社のサイクルが出来上がっている。

 

そんなスキー場改革を進めるマックアース、国内34のスキー場を運営、売り上げも140億円超の国内トップ企業。スキー場経営も侮りがたし。

 

マックアースが運営する30か所のスキー場で滑れるマックアース30というシーズンチケットもあるらしい。

マックアース30 共通シーズン

特典として同社が運営する宿泊施設の利用料10%オフや温泉の料金の大幅減額があるみたい。

ただ、販売期間は短い。ちなみに今は売ってない。

興味があれば6月から10月の間に購入してみてほしい。