読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生ハムが好きならユーゴ・デノワイエに行くべきだ

わたしは不景気な時代に育ってきた世代なので、飲みといえば家飲み。

居酒屋って安いイメージだけど、なんだかんだで5,000円位することが多いし、コストパフォーマンスが悪いと思う。それだけお金をかけるなら、きちんとしたレストランに行きたい。

まあ、あまりお酒を飲まないので余計そう思うわけですが。

お酒より、食事にお金をかけたいのでございます。

 

家飲みは、そのコストパフォーマンスの高さから、いろいろ工夫し甲斐がある。

ものすごく高い肉やお酒(わたしはこのニーズはないけど)だって、外で飲んだらって思えば許容範囲。

 

今回は、その世界一の肉屋ともいわれる(ニューヨークタイムズがそう認定している)ユーゴ・デノワイエ(Hugo Desnoyer)で生ハム等の加工肉一式仕入れてきました。

と、いいながらあまりガチのブロガーではないので、写真を撮り忘れた・・・

まあ、なんとなく感想をつづっておきます。

 

とりあえず店舗は恵比寿にあります。

ユーゴ・デノワイエはレストランとして認識している人も多いと思いますが、その本質は肉屋。

恵比寿の店内では生ハム、サラミなんぞを買って、お持ち帰り出来るようになってます。

節約をかねて、持ち帰るがよろし。

 

白カビのサラミ、パテ、生ハムなど全部めちゃくちゃうまい。

食のブロガーじゃないし、おいしさの表現ってすごい難しいのだけれど、まあよくある表現をお借りするなら、とても上質な脂身がとろけるようでございまする。

 

そんでもって、ベストの商品は断然生ハムね。

まあ、生ハムって外れがない食材だとは思うけど、ここのは、とびぬけてうまい(イベリコ豚信者より)。

間違いなく最強クラスと認定いたします。

 

でね、まあ、今さっきなんだけど、ユーゴ・デノワイエのHPにてなぜおいしいか確認してみた。

一言でいうなら、飼育方法にこだわった肉を、適切に熟成させてるってことらしい。うん、普通。

 

さっき生ハムが良いって言ったけど、白カビのサラミは少し高い。

とてつもなくうまい食材なんだけど、高級系スーパー(成城石井など)で買った方がコストパフォーマンス良いように思われます。

 

持ち寄りアイテムにもなるし、ちらっと家飲みにも使えそうなので、シャルキュトリーのテイクアウトは結構使えそうな予感。

 家飲みだけでなく、ホームパーティとかやっちゃう意識高い系の人はぜひご活用ください。

 

HPに

「仔牛のカツレツ」
フランパンでできる1品!
1フライパンを中火で燻し、多めのバターを加えてムース状になれば仔牛のカツレツを入れる
2両面がキレイなキツネ色になったら取り出し
3フライパンに残っているバターに塩、ニンニク、みりん、ケッパー、パセリを少量加えこれをソースにします
これで完成です
うまく出来ましたでしょうか?

こんなの載ってた。

カツレツ出来までが端折りすぎな気がする。

 

今度、レストランに食べに行こうかな。