読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花粉症対策。改善に向けた体験談と「その差って何ですか?」の回答

東京に来てから花粉症

わたしは花粉症だ。地元が田舎だからそれこそスギ花粉に囲まれて育ったようなところがあるんだけど、東京に来るまでは花粉症とは無縁。

あんまり関係ないけど、視力も1.5あったし・・・

それが、東京に来てから視力0.5まで低下するし、花粉症も発症。東京は怖いところだ。杉だけじゃなく、ヒノキ、ブタクサなどさまざまな花粉が、わたしのアレルギー反応を誘発している。

 

いろいろな花粉症の原因植物

さっきも言ったけど、杉、ヒノキ、ブタクサって花粉症の連続攻撃を受けているのだけど、調べてみると花粉症の原因となる植物はもっとあるみたい。

メジャー系

花粉メジャー系のスギ花粉(2月~4月)とヒノキ(3月~5月)は今が盛り。

とくに3月は杉とヒノキの最盛期が重なることで、複合攻撃状態になっているようだ。書いてるだけで目がかゆくなる。

意外な花粉植物

意外な花粉症の悪玉植物ってネズ(4月~5月)、コナラ(4月~5月)などがある。特に意外なのがリンゴ(4月~5月)。東北地方だと結構リンゴ花粉に苦しめられる人が多いらしい。スギ花粉って経済的に意味が低下した材木用の木によって苦しめられるって少し腑に落ちない位置づけだけど、リンゴだと結構大きな農業収入だろうからこれに苦しむ人は複雑だろうね。農家だと特に。

私の花粉症対策

4年かけて花粉症を克服

若干脱線したけど、これから私の花粉症対策を書く。わたしは4年ほど試行錯誤して現在ではかなり花粉症の症状が軽減された。

花粉症は

1.そもそも花粉を体に入れない

2.花粉が体に入っても大丈夫なようにする

って二つの対策があると思うのでそれぞれ書いていく。

 

1.花粉を体に入れない

これは単純。花粉が体に入らなければ大丈夫って考え方。

・花粉症対策用メガネを使う

世の中には花粉症対策のメガネというものがある。これを通学、通勤中に使うだけ。単純だけどすごい効果があります。

・マスク

花粉症対策用メガネが目から花粉を取り込むことを予防するものだとしたら、マスクは口から花粉を取り込むことを防ぐもの。両方そろってこそ意味を持つでしょう。

2.花粉が体に入っても大丈夫なようにする

こっちは花粉に対する抵抗力を上げるってこと。よく効果があるといわれるのは以下の二つの成分を採ること。

・ヨーグルト(乳酸菌)

体の免疫力を大きく左右するって言われるのは、腸。この腸の調子を上げるヨーグルトは花粉症対策のベスト食品。

わたしはLG21を中心に食べてました。高いんですけどね・・・

ほかにも、キムチ、漬物などに入っている乳酸菌も有効らしい。わたしはヨーグルト一本で攻めたけど。

・ポリフェノール

わたしは主にお茶でポリフェノールを採っていた。緑茶好きなので。

ほかにも赤ワインやその原料であるブドウなども効果的。どちらも適量食べてました。

 

 

そんなこんなで、4ほどかけて花粉症はかなり軽減されましたとさ。

いまでは、油断するとマスクなしで出かけてしまいそうになります。

ほぼ完治か~

 

これから「その差って何ですか?」が放送される。その内容を、回答として追記します。

その差って何ですか?の花粉症対策、洋服に花粉をつけない

花粉が付きにくい服

これは盲点だった(私だけか)。服に花粉が付くことで、花粉症が悪化するってことか。確かに、家の中でも花粉を吸い続けることになる。

スーツ、セーター、ジャンパー、コートのどれが一番花粉が付きにくいか番組で検証している。実験会場は千葉大学、花粉を降らせる実験ルームなどというものがあるらしい。

 

花粉が付きにくい服ランキング

1位:綿のコート

2位:スーツ

3位:ジャンパー

4位ウールのうセーター

予想通りというべきか、最も花粉が付きやすいのはセーターだった。毛のモフモフ感がいかにも花粉危険度が高そう。

 

花粉が付きやすい服の共通点

花粉は静電気に反応して付着する。だから、ピリッと着やすいセーターはダメだとこと。

同じ理屈で、髪の毛にも花粉は付きやすいらしい。髪の毛が安い人は要注意。

 

服の花粉の落とし方

服について花粉を玄関前でパタパタと落とすのは、ダメ絶対。舞い上がった花粉を吸いこんでしまうらしい。そして花粉症悪化、恐ろしい。

おすすめの服についた花粉の落とし方は、静かに家の中に入り、コロコロなどで服から花粉を取り除くこと。

 

花粉対策の空気洗浄機は玄関先に置け

花粉症で空気洗浄機を使っている人は、寝室など家の奥深くに置くのではなく、玄関先に設置すべき。家の中になるべく花粉を入れないことが大事、水際で花粉を叩くんだ。

 

最強のマスク

10層構造の最強の花粉症対策のマスクがあるようだ。値段はなんと1万円。

高いが、花粉だけでなく、インフルエンザウイルス、PM2.5なども防げるらしい。中国からの黄砂に紛れたPM2.5攻撃を受けやすい九州地方の人には良いかも知れない。